uhh...yeah, so what?

低賃金で1年頑張ってみようと試み中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 |
就活で提出した、課題文の終わりの段落を。
何をテーマに書いたか、考えながら読んでみると良いよ。

いつのまに、こんな文しか書けなくなったんだろう。
中学、高校の時はファンタジーの方が書けてたのに。
○○○(本名)とは、どのような人物か。それは、たとえ対象が彼女でなくとも、明確に言い表すのは困難であろう。人一人の人生は奥深い歴史があり、説明をするにはかなりの時間を消する。しかし、それを省略して言うならば、○○○とは「正体の掴みにくい人物」であると私ならば説明しよう。何故なら、彼女には大きく分けると四つもの文化や価値観を混合させた人格を形成しており、時と場合によって見せる顔が変わるからである。それは彼女の弱みでもあり、強みでもある。どちらにも傾けるその特性を如何に活用するかを自ら考えて残りの人生を歩んでいくことが、彼女のこれからの課題である。そうすることで、「○○○」という名の小さな世界が完成することになるのだろう。


課題の質問は最後に。

すごいよねえ、どんだけ硬いんだよ、文章!って話ですよ。
きっとこんな文章ばっか書いてきたから、妄想力はあっても表現力が低下したんだろうなぁ。
自分で言うのもなんだが、昔は本当に表現力は高かったんだよ。
先生にいつも褒められてたんだよ、作文書くと。
作文自体は綺麗にまとまってないので、部分的な文章に、だけど(苦笑)
そんな能力、今は既に永眠してるか絶滅してるわ、脳内で。

まあ、文章を書くのが好きなことは変わりないんですけどね。
でなきゃ、上記の文章も書けないよな・・・多分。
明日中に院試の願書で必要な論文を作って書類作成したら、
ノートに思いきり小説を書いていくぞ!

でもきっと木曜に出るマイソロ2に時間とられるわwww
あ、勉強も忘れないようにしないとな←


最後に。
課題のテーマは、「自分史」でした。
書き方が明らかに違いますので、皆さんは真似しないように(苦笑)
2009.01.28 00:59 | 日常 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。